ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

archive

資料室

自分で作成した古代朝鮮語・中期朝鮮語のPDF,XMLファイルなどを置いておきます. 手元にあるものから作業しているため,作成する順序や内容,資料の選択については特に意味はありません.「あの資料の方が重要じゃない?」と思われるかも知れませんが,そんなわけです.あしからず.

15世紀朝鮮語のハングル文献

資料名 PDF XML
訓民正音(諺解本,1446年)
阿弥陀経諺解(活字本,1461年?)
楞厳経諺解(巻三,木版本,1462年) 2003/02/17 2003/03/02
般若心経諺解(1464年)
救急方諺解(1466年,覆刻本) 2004/05/22
蒙山和尚法語略録諺解(1467年?)
対照:薬師如来本願功徳経1) 2007/10/12

高麗時代の釈読口訣資料

資料名 PDF XML
瑜伽師地論(巻二十)2) 2003/03/18
舊譯仁王経3)

注意事項

XMLファイルで用いられている記号について

XMLファイルのなかで用いられている記号は,趙義成先生のKWIC作成要領にならい,以下のようになっています.

/ (半角スラッシュ)…原文で改行がなされているとき
^ (半角アクサン)…1単語が2行にわたるとき
. (半角ピリオド) ? (半角疑問符)…文末
[ ] (半角大括弧)…割注
( ) (半角小括弧)…割注のなかの割注

また,色分けとスタイルは以下のとおり.

諺解本文(スタイルなし),漢文に吐を付した部分(ボールド),割注(フォント色を#808080に)

[2003/08/20] なお,フォントにない漢字については( )でくくり,漢字音とともに今昔文字鏡の文字番号を付しておきました.参考にしてください.

その他いろいろご意見お待ちしております.

1)
詳細はファイルを見てもらえばいいのですが、XMLをサポートしないブラウザのために、XSL変換をしたHTMLファイルを作成しました。内容は同じですので、こちらもご利用ください。
2)
瑜伽師地論などの釈読口訣資料をXMLファイルにする際,資料本文(縦書き)の右側にある口訣字を青色で上付きに,左側にある口訣字を赤色で下付きにしました.けっきょくそのままの文字配置を維持しつつ本文を90度回転したということになります. 帳次について,4桁のうち最初の2桁が帳数,次の2桁が行数です.返読点は「・」(Unicodeの0x2022)を用いました.なお,原文には返読点がないが,意味上返読点があるのが望ましい,という部分には(・)のように表示しました.
3)
前の注を参照
archive.txt · 最終更新: 2015/10/12 17:16 (外部編集)

ページ用ツール